ワーママの華麗なる逆襲

時短勤務&営業職のワーママによる、育児や時短術・ダイエット等体験談を綴るブログ。3歳の息子は超活発なのに熱性けいれん持ちのアンバランスなヤツ(笑)。一人でも多くのワーママを笑顔にできることが私の幸せです。

【息子が初めて食べたブロッコリーの調理方法はこれ!】ポイントは油の代わりにあれを使うこと

     f:id:wz38p2d17y2-6c:20180724000917j:plain

おはようございます。

悩める営業職ワーママ、1時の母まどか(@workingmom_pwです。

昨日はちょっと嬉しいことがありました。

 

息子が初めてブロッコリーを食べてくれたんです!!!

 

あっ、大したことないじゃんって思いました?いやぁでも初めてってやっぱり大きいですよね。感動ですよね。嬉しいですよね。緑色の野菜はハードル高いですからね。

しかも出来合いの物じゃなく、一応(笑)

作った料理です。

ちなみに主人はブロッコリーが基本嫌いなんですが、彼もこの調理方法なら美味しいと言って食べてくれます。

今回は初めてブロッコリーを食べてくれた記念として、名付けて

”3歳息子と33歳旦那が喜んで食べる!ブロッコリー超お手軽レシピ”

をご紹介します。ついでにブロッコリーの効果や食べるメリットも。

 

 

簡単レシピ ポイントは油の代わりにマヨネーズ

そうなんです。最初にフライパンにひくものは、油ではありません。

マヨネーズです。これが、この料理の最大のポイントです。

しれでは具材と手順を見て行きましょう。

 

用意するもの

1〜2人分

・フライパン、菜箸などの調理器具

・マヨネーズ:小さじ2杯くらい

ブロッコリー:適量

・ベーコン:4〜5枚切りのもの1袋

のみ!

うちはブロッコリーは冷凍を使います。

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180723231510p:plain

お皿に適量のせ、ラップはお好みでかけても良いですが私はそのままチンします。

以前の記事でも紹介したオーケーストアというお店が、常に冷凍食品が激安なので

冷凍系は全てここで補充しています。

アスパラもほうれん草も同じく冷凍を使用しています。

      

www.workingmom-power.com

 

調理手順

①フライパンにマヨネーズをひく

ブロッコリーを投入

③マヨが浸透してしんなりし始めたら

④ベーコン追加投入

⑤ベーコンに火が通ったら出来上がり(お好みで少し焦げ目が付くくらい焼く)

 

調味料は最初のマヨネーズのみ。マヨもそうだし、ベーコンにも味は予め付いているので十分!

↓あまり見映えが良くなくてすみません…

余談ですがうちは益子焼の食器が多いです♪これもそうです。

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180723232158p:plain

 

 

息子の食べた時の様子

最初は食べることなんて期待しておらず、主人が普通に食べていました。

私はテーブルをちょうど離れてウロウロしていました。

息子は最近いろんな食べ物に興味を示し、「それー!」と指差し、取ってもらったら

とりあえず匂いを嗅ぎます。

匂いをクリアできたら、イケそうだと思うのか口に入れる。

そして、口に入れた後「吐き出すだろう」と主人は思っていたのですが、そのままゴクリ!

やったー!!

私「えー?!見逃したっ!スゴーイ!!もう一回食べてー!!」

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180723233421p:plain f:id:wz38p2d17y2-6c:20180723233351p:plain

 

後はもう、お祭り騒ぎです。褒めちぎる。そうすると調子に乗ってまた食べる。

ということで、最終的に5〜6口食べていました。まだ怖いらしく、チビチビとでしたが笑

鮭を初めて食べた時と流れが似ています…

www.workingmom-power.com

 

食べられた理由を考察

しかしながらこの料理を出すのは初めてではありませんでした。

これまでは、ベーコンだけをパクパク食べていましたので。ではなぜ今回は食べたのでしょうか?記憶を辿ってみます。

ブロッコリーが柔らかかった

レンチンする際、気持ち長めに温めた

炒める時間もちょい長めにした

最後に蓋をして少し蒸らした

 

お父さんがあまりにも美味しそうに食べていた

周りの人に影響を受けやすい年頃ですからね!主人は息子の前では意識的に

「美味し〜!」と頻りに言いながら食べています(笑)

 

気分だった

気分屋さんなので、たまたままぐれの可能性もあります。次回はダメかも…

 

ブロッコリーの効果

栄養素は、以下のようにこんなに沢山!

栄養素は16個も含まれている

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • 葉酸
  • ミネラルカリウム
  • 鉄分
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • βカロテン
  • スルフォラファン
  • カルチノイド・ルテイン
  • 繊維質
  • グルコラファニン

その中でも群を抜くのが、ビタミンC。なんとレモンの2倍以上。

茎にもたっぷりと栄養が含まれているので無駄なく食べたほうがより効果的!

※鉄分と亜鉛両方入っている…ことが目に入りました。同時に、前日の記事で主役級に

登場した栄養素でもあるので、ブロッコリーを食べることも効果があんだなぁと、ブロッコリーさんの優秀さに改めて脱帽!!

www.workingmom-power.com

効果・効能

  • がん予防(解毒)効果、抗酸化作用
  • 骨粗鬆症の予防や骨の健康に効果あり
  • 血圧、免疫力UP、風邪の予防、ダイエット、肌のダメージを修復する効果
  • 動脈硬化の予防、目と心臓を正常に保つ、神経や筋肉を正常に保つ効果

 

この中で特に子供にとって最大のメリットは「免疫力UP・風邪予防」ですよね。

βカロテンがたくさん含まれているため、免疫力がUPします。また、ビタミンCも豊富に含まれていますので風邪の予防にも効果があります。ブロッコリーは栄養たっぷり子供におすすめ!効果・効能をまとめました! | 楽しい子育て応援ブログ-こそだねっと 

 

息子がまだ食べられないもの

・魚全般・・・鯖などの青魚を早く食べさせたい

・ほうれん草、アスパラなど緑の野菜全般

・油揚げ

・レンコンやゴボウなどの根菜類

ざっと思いつくだけでもこんなにあります。

1度は食べられても、ムラがあるので次からは食べなかったりもします。

 

 

さいごに

食べない、食べないとは言え、離乳食の頃と比べたら本当によく食べるようになりました。

実の母や義母などにたまに会わせると、「あれは食べれるか」「あれは食べさせたことあるのか」「まだなのか」「もう〇〇(⇦同じ年頃の従兄弟の名前とか)は食べてたのに」とごちゃごちゃ横からうるさいので、そういう時はイラっとしても我慢してやり過ごしています。

 

もし、お子さんがまだまだ食べてくれない、というご家庭があれば、うちもそうでしたし、今でもそういうことは起こります(汗)し、気にせず

「食べなくても死なないからいっか〜」

「保育園で栄養バランスの取れた食生活してるからいっかー」

「一生食べない人になるわけではないからいっか〜」と、

いっか〜星人になって気楽に構えておいてください^^

そのうち嫌でもガツガツ食べる時が来るんですから♬

 

そして今回の記事は、お手軽レシピなんて謳ってますが、こんなのが料理なのかとお叱りを受けそうでそれが怖いです(笑)

その辺はご愛嬌ということで、許してください^^

もしくは、こんな簡単なんですから、いつだってチャチャっと作れます。いつか試してみて下さい^^

 

 

今日もお読み頂き、ありがとうございました。