ワーママの華麗なる逆襲

時短勤務&営業職のワーママによる、育児や時短術・ダイエット等体験談を綴るブログ。3歳の息子は超活発なのに熱性けいれん持ちのアンバランスなヤツ(笑)。一人でも多くのワーママを笑顔にできることが私の幸せです。

【抱っこグセ?!いつまで続く?】抱っこっ子過ぎな我が息子の場合

               f:id:wz38p2d17y2-6c:20180719193858j:plain

こんにちは、都内営業職1児の母、ワーママまどかです。

 

皆さんのお子さんは、もう自分でどんどん歩いてくれますか?

うちは、この「自分で歩く」で苦労しています。

今現在も、新生児の頃も…

 

 

 

とにかく抱っこの息子

うちの子は新生児の頃からあまりベビーカーを好みませんでした。

軽いうちはいいのですが、1歳を過ぎればそれなりに重くなります。

ちなみに体重推移は

10ヶ月…8.3kg

11ヶ月…8.4kg

12ヶ月…8.45kg

1歳1ヶ月…8.7kg

1歳2ヶ月…9.5kg

1歳3ヶ月…10.15kg

1歳4ヶ月…10.1kg

1歳5ヶ月…10.5kg

1歳過ぎたあたりから増量幅が大きくなっているのが分かります。

そして今(3歳)は13.5kg。

 

自分で歩けるようになっても、抱っこを求めます。特に主人が甘く、すぐ抱っこをしてしまうので、私は「そーゆーところだよ!!!怒」といつも思ってイライラしていました。

 

今だに抱っこっ子のままですが、これまでのうちで試した対処法、考え方など

について少し説明します。

 

ベビーカーを嫌がる

                            f:id:wz38p2d17y2-6c:20180718125325j:plain

1歳だと、まだまだベビーカー全盛期なはずです。でもうちは、乗るのをいやがっ。

乗ったとしても、すぐに抱っこをせがみました。

ベビーカーだと、一か八かで、乗ってくれないと、ただの邪魔な荷物・しかも重いという二重苦三重苦と化するので、私はこう命名していました。

”乗れば天国、乗らねば地獄”

乗らなかった時が本当に厄介なんですよね。

 

「それでも何としても乗ってもらわねば!」という時にがやって来ます。意を決して、そういった時に試みた方法です(比較的効果的だったもの)

 

     ↓

 

①自分で哺乳瓶を持たせて、ミルクを飲ませる

飲ませながら、そちらに集中している隙にサッと手早く(ポイント!)

乗せてます。本人は気がついていないことが多く、これで乗せること自体は大体成功。

 

乗った後ですが、赤ちゃんてミルク飲みながら(何かをしゃぶりながら)寝るじゃないですか?

例に漏れずうちの子も”ミルクを飲みながら寝落ちする”ことが多かったので、うまいこといけばこのまま寝てくれました。

(心の中でめっちゃガッツポーズ!!)

また、大量な(ピジョンの哺乳瓶の最大サイズのMAX量である250ml)ミルクを渡すので、仮に寝なくても、飲むのに時間がかかる分、大人しく乗っている時間稼ぎができました。

※この方法の場合、お腹を十分に空かせた状態にしておくことが必須です。

②出かける直前まで寝かさないでおく

①で既述した通りですが、ミルクを飲んだまま寝続けてもらう為です。

その分を見越して、家にいる間の睡眠時間を調節していました。

思いっきり遊ばせたりして。

 

③お菓子を渡す

ちょうどその頃うちの子の「救世主アイテム」は 果物ゼリーでした。

(蒟蒻ゼリーよりひと回り位小さいサイズのもの)

それを持たせて、気を引いた隙に乗せる。

 

そしてヤバくなったら、また渡す。

これはあまり体に良くないのではと心配にもなったので、可能ならこの

「救世主アイテム」をおせんべいとかボーロにして調教(?)しておくことをオススメします。

 

スマホに頼る

この方法は当時はあまり積極的に取り入れていなかったのですが、今となっては

全然抵抗がないので、どんどん利用していいと思います。

www.workingmom-power.com

 

私のやり方は、動画保存アプリをインストールしそこにお気に入りの動画を

保存しておく。これなら容量も気にせず何分間でも見せらるし、少し巻き戻して特に好きなシーンを繰り返し見せることもできます。

 

 

夜、寝かしつけも抱っこ

当時を思い出すだけでもうんざりします笑

大体主人がやってくれましたが、寝付くためには抱っこでないとダメな子でした。

(そうなってしまったのはそのように習慣付けた親のせいだと思いますが)

 

抱っこで寝ると、その後布団に下ろした時にも一苦労なんですよね、背中スイッチ発動するので。なのでそぉーーっと下ろし、自分もそのまま横になって背中トントンして

なんとか凌いでいました。それでもダメな時もありましたので、そんな時はもう諦めて繰り返しやるしかありません。

 

荷物が多い時もお構いなしに抱っこ

彼らにとって、「荷物が多いから今は我慢しよう」という選択肢はありません。

自分の都合で抱っこを求めてきます。

この時も、抱っこをしないとギャン泣きするのでほぼ抱っこをしてあげました。

 

家の中なのに抱っこ笑

もうここまでくると笑っちゃいますね。なんで?!といつも夫婦でもはや笑っていました。

違うことで気を引くために絵本を出したり、お気に入りのテレビを見せたり(トムとジェリーが当時お気に入りでした。ドンキで100円で売っているので見て見てください)して、それでもダメならまた救世主アイテムを登場させ、ごまかしごまかしやっていました。

 

 

             f:id:wz38p2d17y2-6c:20180719193959j:plain

今となって思うこと

上述しましたが、子供は私たちが思っている以上に「習慣」や「秩序」を理解していて、それを厳守しようとしています。

従って、「抱っこしてくれる」という習慣というか学習を一度してしまうと、

「え?なんで?昨日はこのパターンで抱っこしてくれたやん!」

と困惑してしまって、本人とすればむしろそれが不自然なんです。

 

また、よく主人と諦めのように話すのですが、

「抱っこは今しかできない・させてもらえないんだから」と思って、

その抱っこの時間を尊いものと考えるようになりました。

そうすると、逆に抱っこをしたくなり、息子がとても愛おしく思えるものです。

(そういう時に限って「やーだ!」と言って抱っこを拒まれるww)

 

対策を取るなら夫婦でよく話し合い方針を一貫させる

抱っこっ子は大変なことには変わりないので、この幼児期の習慣や秩序の法則を逆手にとってうまく利用していただくことをオススメします。

 

その為に、夫婦間で方針を一本に固めることです。うちはここが弱かった。なので私が根気強く言い聞かせ(ギャン泣きも覚悟)、やっとの事で1度成功しても、主人がやった時にまた甘やかしてしまう…と、子供は混乱するし、結局こちらがまた折れることになって泣きっ面に蜂状態に。

 

ですので、方針を決めた上で、一度始めたら一貫すること!これですね。

この、方針の一貫性についてはまた別の機会に記事にしたいと思います。

 

 

今日もお読み頂き、ありがとうございました。