ワーママの華麗なる逆襲

時短勤務&営業職のワーママによる、育児や時短術・ダイエット等の体験談ブログ。息子は熱性けいれん持ちの虚弱体質(笑)。一人でも多くのワーママがハッピーになることが喜びです。

【時短からフルタイムにシフトする前準備】その①〜夫婦タスク分担マトリックス表〜

         f:id:wz38p2d17y2-6c:20180703234955j:plain

昨今耳にする「ワンオペ育児」。

世の中には、ご主人の仕事が忙しすぎたり、はたまたご主人の意思の問題で、

(伝えるっちゃ手伝えるけど)やらない、というパターンも少なからずあると思っています。

後者を裏付ける実在の人物がいます。それは、私がまだ独身だった頃の話。

会社の5つくらい上のある先輩で、小さい子供2人のいる所帯を持っていましたが、会社帰り、よく会社近くのコンビニで立ち読みしてるんですよ。

帰ればいいのに…と思っていたら、実は「早く帰っても疲れてるのに小さい子供の面倒を見させられ、それが出来ないと嫁の機嫌が悪い」かららしい。

ちなみに奥さんは専業主婦。今はパートしてるらしいけれど。

まあ、「帰りたくなる家庭を目指し」ているかどうかにもよるのでしょうが、

こういう旦那さんはざらに居るんだろうなぁと。

 

我が家は共働きなこともあって、2年前の職場復帰のタイミングで

「夫婦タスク分業制」のマトリックス表を作ったので、なんとかやっています。

ちょうど当時、これめっちゃ流行ってました。SNSで凄く拡散されていましたね。

 

 

そして息子が来年4歳になるので、来年の4月からいよいよフルタイムにしようかな、と考えている今日この頃です。

少し前の条例改正で、満3歳になっても、時短のままでも免除されることになりましたので(自治体による)どちらでも選べるのですが、やっぱりお金の面を考えると…

 

                    育児短時間勤務を利用している方へ 
育児短時間勤務を利用している方(取得予定の方を含む)は正規勤務時間に戻る時期によって、基準指数が異なります。

  乳幼児の育児を理由に、勤務時間が本来の勤務時間より短縮されている方(取得予定の方を含む)で、育児短時間勤務の対象となるお子様が満3歳になる月の属する年度末(3月31日まで)である場合は、短時間勤務の期間満了後の正規時間及び実績により指数認定します。

 しかし、上記の期間を超えて取得している方は(取得予定の方を含む)や、短時間勤務の終期が未定の方は、短縮された勤務時間で指数認定します。 平成29年4月入所受付分から、育児短時間勤務の内容が、月12日以上で1日6時間以上であれば、取得期間にかかわらず、正規の勤務内容で指数を算定することとします。ただし、勤務内容が上記に満たない場合は育児短時間勤務の内容で指数を算定します。なお、勤務開始当初から育児短時間勤務等で正規の勤務内容の実績が確認できない場合は、実績に基づいて指数を算定します。※育児休業の方で育児短時間勤務を利用されない方は、育児休業前の就労状況で基準指数を付けます

                   保育施設入所・利用の質問と回答 | 板橋区

 

 

 

我が家は実は(フルの場合)主人より私の方が収入が高いんです。お恥ずかしながら…

そんなこともあり、今のまま続けるよりも、

”私がフルに戻し、その分主人のフォローを増やしてもらう”方法が、合理的・効率的だと思ったんです。

 

そしてフルに戻した場合のことを想定し、事前にできることを準備しておこうと思ったのです。

今回は、そのうちの1つである、「夫婦タスク分業制」についてお話しします。

 

 

タスクの夫婦分担制の現状とフルの想定 

マトリックス表の作成手順と我が家の現状

マトリックス表の作成

1.親指くらいの大きさの付箋に、思いつくままにタスクを一枚につき1つずつ書く。

2.全部の付箋が入りきるくらいの大きさの紙を用意

3.21の紙に、十字架になるように紙いっぱいに線を引く

4.引いた線の左右両端それぞれに「パパ」、「ママ」と記入

5.引いた線の上下両端それぞれに「定期」、「不定期」と記入

6.1の付箋を5の用紙の該当箇所に貼っていく

マトリックス表の右上はママの定期的に行うもの、その下は不定期なもの、

左側はそれぞれパパのタスクを設置します。

交代で行うものや、はっきりしないものは、間くらいに設置します。

完成!!

 

我が家の現状

ちなみに我が家はこんな感じでした(付箋の色が2種類ですが特に意味はありません)

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180703221109p:plain

保育園の送りを主人が受けてくれているのは大変助かっています。

が、時短勤務とはいえ、私に偏りすぎ…

主人 8 : 私 18 個ずつでした。2倍以上とは汗

いやぁ、やっぱりこうして書き出して「見える化」すると全然違いますね。感覚って

怖いなーって痛感しました。

 

フルタイムの想定

勤務時間

正規は 8:30~17:30   (現在は時短なので  9:00~16:00)

うちの会社は非合理的なので(泣)、始業時間の5分前の25分には朝礼があって、社員全員が建物の外に出て、部署ごとに並び、交代で1人が前に出て出勤状況の確認をします。

保育園の開園時間 

7:00~18:00  / 延長保育の場合は 18:00 ~ 19:00

現在預けているのは 7:00~17:50くらい

延長保育料

4,000円/月

 

通勤所要時間

本来は徒歩12分+電車を2回乗り換え+徒歩7分ほどで合計4〜50分なのですが

バス1本でも通えるのでバスにしています。そうすると、その日の道路状況にもよりますが、早くて40分、混んでいると最悪1時間ほどかかることもあります。

 

 

まず最初の課題は勤務時間の伸長による保育園との兼ね合い!

勤務時間の頭とお尻が伸びますので、保育園の預け時間とバスの時間をそれみ合わせて変更しなければいけません。

 

①出勤時のバスの時間

現在乗っているバスの時間は7:30ですが、始業時間に合わせて一つ前の7:10のものに変えるつもりです。

 

②登園

保育園の送りは変わらず主人が担当で、7:00頃。

 

③退勤時のバスの時間

ギリギリなので、残業せずに定時に真っ先に帰ります。(いまでも残業はほぼありませんが。ちなみに今は16:15のバス。)

バスの時間は17:35なので、近いとは言え、17:30ぴったりに会社を出てバス停までダッシュします。

 

④降園

お迎えの時間は当然延長になり、恐らく18:30~18:40くらい。

 

それぞれの時間については、上記のような形でOKです。

次に課題になるのは、時間変更に伴う、家事に掛けられる時間の短縮です。

 

そこで、食事(夕食)の準備はこれまでの違い、帰宅してすぐ取りかかると遅くなるので、朝や夜に私が下ごしらえをしておき、平均18:40くらいに帰宅する主人が

仕上げる&すぐ食べられる状態にしておく、という流れを作りたいと思っています。

 

ですので、マトリックス表には以下を追加。

「食事の下ごしらえ」

「食事の仕上げ&セッティング」

「食洗機」

※食洗機は、今のマンションに引っ越した際、予め食洗機が設置されていましたので、「食器洗い」のタスクと差し替えます。今やすっかり食洗機頼みの毎日です。かなり助かってます。 やっぱり楽チンです。

 

 

その他、少しずつ主人にスライドしていき…以下のように決定しました!(不安…)

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180703231247p:plain

「耳鼻科」と「食洗機」は、私が固定でしたが半々になりました。

「寝かし付け」と「ゴミ捨て」と「保育園の持ち物用意」と「汚物(保育園の)をワイドハイターに浸ける」と「お米炊く」は、主人固定になりました。

 

そして、鼻水の吸引機で吸うというタスクは、以前までは毎日朝晩欠かさずやっていて、大変でした。ですが今はもう大きくなってきて不要なので、これはカットしました。

 

というわけで、私のタスクはかなりスッキリしました〜♬

 

まとめ

まずは、勤務時間が長くなるので、体が追いつけるかが心配です。疲れてしまうんではないかと。

なので、全て最初から計画通りにはいかないと思います。

体が資本ですから、しんどければ無理を掛けずに手を抜けるところは抜いて、

例えば

・お惣菜を買ってきて並べる とか、

・宅配弁当(冷凍でストックもできる!)とか、

・週末に冷凍食品の安いOKストアで買いだめして、チンで済ませられるようにする、など。*1←かつての記事で掲載した、格安スーパーのことです。

 

「寝かし付け」ですが、ちょっと寂しい気もしています。息子の情緒面も心配です。ですがここは主人が、「ブログを書く時間に当てて」という優しい配慮からでした。

近い将来、ブログで少しでも家計の足しになるよう、収益を得られるように

育てていきたいと思っています。その気持ちを応援してくれていることに感謝。

寝かし付けについては、様子を見たいと思います。

 

しかしながら、やはりこれから伴侶選びにはやはり

「仕事ばかりではなく、家のこと(家事育児)に協力的な人・協力できるような労働体制(残業が無いとか)の人を選ぶこと」

が益々求められそうですね。

ちょうど、イケハヤさんも近い主旨のことを仰っていたのでビックリしました!

収入は、多いに越したことはありません。もちろんそうです。でも、それ以上に大切なことがある、という話をイケハヤさんのような方が発信して下さると、物凄く励まされます。 

 

今回は夫婦タスク分担の話でしたが、「フルタイムにいかにスムーズに移行するか」というテーマで、次回以降もシリーズ化して投稿したいと考えておりますので、お時間あったら見にきてください!

 

 

ブログランキング参加しています。良かったらぽちっとお願いします


育児ランキング