ワーママの華麗なる逆襲

時短勤務&営業職のワーママによる、育児や時短術・ダイエット等体験談を綴るブログ。3歳の息子は超活発なのに熱性けいれん持ちのアンバランスなヤツ(笑)。一人でも多くのワーママを笑顔にできることが私の幸せです。

【スキニーパンツはナチュラルタイプにはNGだった】パーソナルデザインを受けて似合う似合わない服があることを知った

             f:id:wz38p2d17y2-6c:20180820232034j:plain

こんにちは、都内営業職の一児の母、ワーママのまどか(@workingmom_pwです。

 

先日の記事で、パーソナルカラーと骨格診断を受けたことを載せましたが、この骨格診断が、 思いもよらない嬉しい副産物をもたらしてくれたのです! どんな副産物か…、それは 「長年のルックスのコンプレックスが消えた」 こと! 凄くないですか?! それでは順を追って説明致します‼


 


 

 

骨格診断とは?

生まれ持った「骨格構造」「身体の質感」「ボディライン」から導くファッションコーディネート理論のことで、
一人一人の特徴に合わせたコーディネートで、着やせ・体型カバーと言った

「視覚効果によるスタイルアップ」を実現することが大きな特徴

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180620215820p:plain

引用元:骨格診断について…その1 | パーソナルカラー&スタイル いろ結い(いろゆい)

 

大きく分けて、ストレート・ウェーブ・ナチュラルに分類されます。

詳しくは、過去記事(上記にも転載)をご参照ください。

【パーソナルデザイン受けてみた】意外な自分の一面を発見することになった話 - ワーママの華麗なる逆襲

 

 

※各タイプの名称について

呼び名は何通りかあるようですが、私が受けた診断では「ファッショナブル」「ナチュラル」「グレース」「フェミニン」「ロマンス」「キュート」と名付けていました。

上図ではざっくりと3パターンですが、「ストレート」に当たるのが「ファッショナブル」、「ウェーブ」に当たるのが「グレース」「フェミニン」、「ナチュラル」はそのまま同じ意味。と、考えて下さい。

 

ストレートタイプ

特徴 身体に厚みがある・立体的・上重心のメリハリ体型
得意なコーディネート 直線的、シンプル、ベーシック
得意な素材 ハリ・厚みのある高品質な素材

ウェーブタイプ

特徴 身体が薄く厚みがない・平面的・下重心の華奢な体型
得意なコーディネート 曲線的、ソフト、ボディコンシャス
得意な素材 透ける、伸びる、柔らかな素材

ナチュラル

特徴 関節や骨格などが大きく特徴的・しっかりとしたフレームの体型
得意なコーディネート 無造作、ラフ、カジュアル
得意な素材 厚みのある素材、天然素材

 

私の骨格診断結果は?

ナチュラルタイプ(ちょっとだけウェーブ要素混合)でした!

ナチュラルの持つ直線的な部分と、少しだけフェミニンな要素が混じっているそうです。

 

ナチュラルタイプに似合う&NGなアイテム

似合うもの

スポーティーなもの、ストレート、ブルゾン、砕けた感じ、タイトやキュロット、フレアーのロングスカート など

 

NGなもの

かわいい感じのもの、パフスリーブ、オフショルダー など

 

 

NGなアイテムを無理して取り入れていた?!

人にはそれぞれの骨格に似合う形(デザイン)があるということを知る

骨っぽさが強調されてしまうので、

足にフィットしたものや、ショートパンツ・ハーフパンツのようにヒザが出るものは合わないということです。

 引用元:んレタスクラブニュース「ゆるトップスにスキニーはNGだった・・・!骨格診断であか抜けスタイルに挑戦:人気ブロガーのさるわたりさんが【やってみた】」より

 

うん、言われてみれば膝デカイです。。

引用元:レタスクラブニュース「ゆるトップスにスキニーはNGだった・・・!骨格診断であか抜けスタイルに挑戦:人気ブロガーのさるわたりさんが【やってみた】」より 

www.lettuceclub.net

 

「ん?足にフィットしたものが合わない…   ってことは…スキニーパンも?!?!?」

スキニーパンツは、ウェーブタイプのような方や、骨の細い感じの方にはバッチリ似合うんだそうです。

確かにその通りです!

と、やっと気が付いた瞬間でしたね~。

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180620221938p:plain

引用元 :レタスクラブニュース「ゆるトップスにスキニーはNGだった・・・!骨格診断であか抜けスタイルに挑戦:人気ブロガーのさるわたりさんが【やってみた】」より

 

 

大いなる勘違い。“スキニーが似合わないのは太ってるから“ではなかった!!

長い人生の中で、私はずっとデブだと思って生きてきました。

小さい頃から、兄や同級生の男の子(好きな人とか)から、太っているというレッテルを貼られてきました。華奢な体つきの女子が羨ましくもあり、憎くもあった。

 

実際、肉付きもそこそこあって中肉中背だったから余計にそう見えたのかもしれません。

でも、今なら胸を張って言えます。

そう、

”私は、太っているわじゃない”

と。

 骨格の特徴で記載の通り、そういう骨や筋肉の性質なだけなんです。

スキニーが流行りだした頃からずっと、

どうしても流行っているものって、「着なきゃ流行に乗り遅れる」みたいなのが

あるじゃないですか?

着なきゃいけない、くらいの。

で、例に漏れず私も10数年前から、そう思って履いてきました。

 

 

結婚の少し前は、めちゃめちゃ有名な中目黒の下半身ダイエット「ナカメダイエット」

に行って、マウジーの23インチデニムが履けるまでに足を痩せさせてくれました。 

でも、なんか違かった。

思ってたんと違かった。

シルエットが。

 

”原因、骨格だったんだ!!”

と今なら分かりますが、当時はその論理を知らなかったから、

「まだ足りないんだ、まだ痩せが足りないんだ」

「頑張って痩せれば、同じ体重になれば、あの芸能人と同じシルエットになれるはず!」

と、今考えると恥ずかしいけど、本気でそう思ってました。

でも、でも!!

違ったんだ!よかった!よかった~!

 

太ろうが痩せようが変わらないもの。  “骨格“

というわけで。上で述べた通り、痩せれば似合うようになる、と信じて疑わなかったけど、そうではありませんでした。

だから、太っても痩せても、基本ベースは変わらないってことです。

 

 

 似合うアイテムを、初体験でもドンドン取り入れていこう

で、今日骨格診断後初めて、服を買いました。

スピックアンドスパンで。ベイクルーズ好きなんです。

 

初のタイトスカート&丈がふくらはぎくらいまでのものです!

色はネイビー。

これです⇩

baycrews.jp

 

ちょうどセールもやってて。

 

それと、ついでにトップスも買いましたが、こちらも骨格意識して

体の線が出ない、ザックリとしたデザイン・生地感のものを選びました。

色は、パーソナルカラーがオータムの私にぴったりなマスタード。

これ⇩

baycrews.jp

店員さんにも事情を話していたので、鏡の前で「やっぱ合うよねー!」と言って2人で大変盛り上がりました(笑)

初めて取り入れるアイテムはワクワクしますよね。骨格診断のお陰で新しいものにチャレンジする気持ちになれました。

 

さいごに

骨格診断しかり、パーソナルカラーしかり、どちらにも言えることですが、

似合う、とは言っても、そこに縛られ過ぎると冒険がなく、レパートリーも少なくなってしまいます。

なので、あまりそこに捕らわれすぎずに、「着たい!」「可愛いっ!!」という

インスピレーションに素直に沿っていくことも大切にしたいな、と思うんです。

 

パーソナルカラーや骨格診断、まだ始めたばかりですが、大変奥が深く、面白いです。

今後も、このカテゴリーで情報共有していけたらなと思いますので、

よろしければまた読みに来てください。

 

 

それにしても、ほんと似合うものを着用することの大事さを痛感しました。

そして流行っているから・みんな取り入れてるからという安直な理由で

自分の骨格を無視して合わないものを無理に着せていたとは…自分の体が可愛そうですよね。もっと自分の体を大切に扱ってあげないと。

 

骨格診断をしたことで、まさかの自分のコンプレックスを肯定できたという

驚きの出来事でした。

今もしこれを読んでる方で、自分を責めてしまっている人がいたら、そうではないんだと自分の体を受け入れてあげて欲しいです。

 

今日も、お読み頂きありがとうございました。