ワーママの華麗なる逆襲

時短勤務&営業職のワーママによる、育児や時短術・ダイエット等体験談を綴るブログ。3歳の息子は超活発なのに熱性けいれん持ちのアンバランスなヤツ(笑)。一人でも多くのワーママを笑顔にできることが私の幸せです。

【針無し注射をオススメする理由】〜嫌がる子供に楽に薬を飲ませるには〜

          f:id:wz38p2d17y2-6c:20180810124904j:plain

こんにちは、都内営業職で一児の母、ワーママのまどか(@workingmom_pw)です。

 

子供が小さいうちは体が弱く、病院通いというお宅は多いのではないでしょうか。

うちもある持病の為、週に最低でも1回は耳鼻科で診てもらっています。

 

 

お薬を飲んでいる理由

滲出性中耳炎とは

滲出性中耳炎とは、簡単にいうと「常に耳の奥に水が溜まっている状態」のことで、痛みや発熱はないのですが、放置すると”耳が聞こえなくなる”危険のある侮れない病気。

自覚症状がないため、小さい子供の場合は発見が遅れがち。

やはり子供がうまく会話をできるようになるまでは、面倒でも耳鼻科に定期的に通うべきかもしれませんね。特に保育園児は。

 

滲出性中耳炎とは

鼓膜よりさらに奥にある骨で囲まれた中耳腔という空間に、液体がたまっている中耳炎のことを言います。通常中耳炎と言えば、激しい痛みと熱を伴うことが多いのですが、滲出性中耳炎ではそのどちらも伴わないことがあります。

引用元: 

http://www.mishima-med.or.jp/kouza/tyuuzien/tyuuzien.html

 

 

その治療に伴い薬が処方されるのですが、これを飲ませるのに最初は苦労しました。

今回は、我が家で実行している”楽に子供にお薬を飲ませる方法”をご紹介したいと思います。

 

 

 お薬の種類が「漢方」

実は、処方して頂いているお薬は漢方薬。

もちろん体のことを考えれば最良の判断なのでしょうけれど、

初めて処方された時がまだ1歳0ヶ月頃でした。

この年頃にとって、苦い漢方薬は苦行です。大人でさえつらいですもんね^^;

 

「お薬飲めたね」やゼリーも試しました

①「お薬飲めたね」などの商品に頼る

②ゼリーなどの食べ物に混入させる

これらの方法は、一見良さそうなんですが、継続が難しく結局すぐにやめてしまいました。なぜなら、デメリットがあるからです。

 

デメリット

・準備が面倒(錠剤タイプ向き)

↑これが最大のデメリット

 

・コスト高

 

 

以下に1つずつ説明しますね。

 

・準備が面倒

うちが頂いている薬は粉末なので、「お薬飲めたね」を使用する際は

そのままの状態で混ぜることは困難です。

すると、少し水を指し、指の腹でコロコロ転がしながら塊に(錠剤のように)する手間が掛かります。

また、この工程のために何か食器を使用することになり、洗い物が増える結果に。

 

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180811092400j:plain

 

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180811092359j:plain

 

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180811092354j:plain

 

 

・コスト高

1日に朝晩の2回服用なので、1ヶ月で60回飲むことになり、

その回数だけ準備をするのが大変ですし、当然その分の購入代が嵩みます。

 

ちなみに「お薬飲めたね」は定価が税込378円。

複数回に分けて使用できますが、やっぱりちょっと高い気がしてしまいます…

龍角散HPより

 

高いと感じるのは、あのアイテムを発見したからです。

それと比較すると、とても経済的なんです。では、そのアイテムとは…?

 

 

辿り着いた”針無し注射”

別の記事で掲載しますが息子は0歳11ヶ月の時に1週間ほど入院の経験があります。その際、病院で使っていたのを見て、『これだ!』と思ったのです。

 

看護師さんが定期的にお薬を飲ませに来てくれるのですが、その時にサッと注射を取り出し、サササッとなんともスマートにこなすではありませんか!

 

メリット

・経済的 繰り返し使用できる

・価格が安い

・準備が楽

・汚れ物が注射器のみで楽

・洗浄が楽(水ですすぎ洗いのみ)

 

デメリット 

・あくまで使い捨てなので汚れてきたら購入しなければならない

 

今の所このくらいしか思い当たりません^^

もし他に出てきたら追記していきます。

 

使用しているのはテルモの「シリンジ 2.5ml」

退院後、今の耳鼻科に通うようになり、それ以降漢方を服用。

入院中でのことを受けて、早速主人がネットで注文。

うちが使っているのはこちら↓

https://www.amazon.co.jp/テルモ-シリンジ-2-5ml-お得な10本セット-SS-02SZ/dp/B075D8BD5L

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180810081851p:plain

amazonより

 

実際使用しているのはこれ↓

パッケージ仕様が若干変更しているようです。

 f:id:wz38p2d17y2-6c:20180810081318p:plain

 

飲ませ方〜薬の準備から飲ませるまで〜

薬を1包にまとめる

2種類頂いているので、これを1つの包みにまとめる

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180810081312p:plain

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180810081323p:plain

 

お湯を2、3滴入れ注射でかき混ぜる

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180810081327p:plain

 

注入時のポイント”喉の方にダイレクトに入れる”

いざ注入する時、コツがあります。

舌に薬が当たると苦味を感知して嫌がってしまいます。

ですので、コツは

「口の端側から注射を入れる」

「口の少し奥まで入れる」

「舌に当たらないように喉めがけて発射」

「しかし勢いよく出さない」

です。

f:id:wz38p2d17y2-6c:20180810081259j:plain 

 

 

慣れるまでは好物で釣った

注射を使うとは言っても、本人も苦いものを飲まされることはわかってきます。

そこでうちでは、慣れるまでの間はしばらく好物の果物ゼリーやグミをあげる代わりに飲ませる、という作戦をとっていました。

 

 

根気よく続けるうち習慣化する

これは以下の記事でも同様のことを記載しましたが、

子供って本当に賢いから、習慣づけさえ大人がしてあげれば、そのうち

「こういうもんだ」と認識してくれて、本人の中で習慣になっていきます。

 


 

 

 まとめ

如何でしたか?

毎日お薬を上げるのに苦労されているお宅で、ぜひ試してみてほしいと思います。

 

今日もお読み頂き、ありがとうございました。