ワーママの華麗なる逆襲

時短勤務&営業職のワーママによる、育児や時短術・ダイエット等の体験談ブログ。息子は熱性けいれん持ちの虚弱体質(笑)。一人でも多くのワーママがハッピーになることが喜びです。

【ブログを書く5つのメリット!仕事の能力もUPで一石二鳥】ブログを書いているうちに身についたスキルメリット5つ

        f:id:wz38p2d17y2-6c:20180712215830j:plain

ブログをきちんと書くようになって数日。

それまでも細々と一年近く続けていたんですが、読み手のことは意識せず、備忘録というか日記というか、本当に些細なことや、心の機微なんかを綴るだけのものでした。

その後、自分の苦い体験をもとに人助けがしたいと思うようになり、世の中には個人で人助やコンサルタントをし、そのまま職業にしている人がいることを知りました。

いつしかそれが、「私にも出来るかも?」という思いに変わり、はてなブログのproコースをスタートしたのでした。

 

ブログの方はお陰様で少しずつ読者さんがついてくださったりアクセス数も微増を続け、楽しくブログライフを送っています。

 

私は現在時短勤務で短い勤務時間なので、退社した後によく

”充実して効率的にできたかなぁ”とか、”やらなければいけないタスクを、今日中に終えられてよかったなぁ”とか、ふっとした瞬間に思い出したり反省したり自分を褒めてあげたりしています。

そして今日ふと、仕事の効率が上がっているなー。これってブログの作業が結構仕事に活かされてるからだと感じたのです。

実は少し前にも同様のことに気付いていて、今回のことを含めると複数のメリットがあるんだなぁと思いました。

そこで、今回はそんなメリットについて自分なりに気づいた点をまとめてみます。

 

 

  ブログを書くことで得られる仕事スキル向上

ブログも私自身もまだまだ未熟なので、胸を張って大声で言えるものではないですが、恐縮ながら列挙させて頂きます。

 

タイピングのスピードUP

これはまあそうでしょう、と容易に想像がつくと思います。

元々不得意な方でしたが、無意識のうちに早くなっています。ノールックでもで…きる程ではないですが(笑)

 

話の流れを起承転結で組み立てられるようになった

当たり前過ぎて鼻で笑われてしまうかもしれません。

ですが、逆を言うと、それまでは仕事上そこまで意識していなかった・出来ていなくても何とかなってきた、ということです。

今考えてみると末恐ろしいことですよね。

うちはメーカーなんですが、商品とCMの力に頼りまくりで、営業トークがうまくなくてもなんとかなるし、情緒的な分野なので、あまり論理的に物事を処理する必要性がなかったのです。

 

こういう話をするのはアホを晒しているようなものなので恥ずかしいです。でも、

ブログを書く習慣がなければ気がつかなかったことなので、気が付くきっかけがあって良かったと思います。

 

結論へ繋げる為の根拠集めを「的確に」できるように

仕事でパワーポイントを使って資料を作ることも多少はありました。

でも、完成度低かったなーと思います。 

ある結論、例えば「〇〇の為に、うちの〇〇を買いましょう」と得意先に思わせる為に、その根拠を集める必要があります。でも、その根拠が弱かったり、

結論とはちょっとブレてしまったり。

そう、ブレることが多々あります。これは、口で説明しているときにもよく感じること。色々脱線してしまって、あれもこれも詰め込みたい…と欲張ると、何が言いたかったんだっけ?となる。

「なんとなく言いたいことは分かるんだけど、これだと根拠が弱いし、話の繋がりが弱すぎる」と、きっと相手の方は思ったことでしょう(笑)

もちろん今でも論理的思考は苦手なので全然ダメですが、今はちょっとだけ進歩しました。

                          f:id:wz38p2d17y2-6c:20180712221157j:plain

より強い説得感の為に「文字」だけではなく「図」「写真」を取り入れる

仕事でお客さんの前で資料を見ながら話すのとは違い、ブログだと文字だけなので

いかに「本当だー!」と思ってもらえるかを工夫するかが大事です。

その為、画像やデータを結構使うことなります。

 

今日は、たまたま得意先へある提案書を作っていたのですが、資料の中に、実演の様子の写真を織り交ぜたんです。文字だけよりも、視覚に訴えることで理解力が全然違うだろうと思って。

これまでなら、ここまで思い付きもしなかった。仮に思い付いても、「めんどくさいわ〜、説得力あるだろうけど、その労力が嫌だわ〜」とか思ってスルーしていたはず。

それを、今回はめんどくさがらずにできたのは、ブログのお陰です。

撮った画像をPCに取り込んで、少し加工して、貼り付けて、サイズ調整して…っていう工程を、今まではやらなかったですね。慣れてないし、どうゆうプロセスでやって、どのくらい時間が掛かるのかが未知だったからかもしれません。

 

折角の裏付けを弱めてしまうような、ブレている情報を排除できる

 これも、当たり前のことなので、「何言ってんの?!」と言われてしまいそうですが、

『根拠が少ないと不安』→『沢山集めればなんか迫力あるし、雰囲気強そうだし、いいんじゃない?』
という安直な考えでした。

だから、「これも雰囲気合ってそうだから」という理由で根拠に追加して、それが例えば結論からずれているとすると、そのたった1つのせいで、全部台無しになる。

砂漠でオアシスを見つけたと思ったら、直前にきて、実は蜃気楼だったと気付き、ガックリする、みたいな。

 

根拠が多ければいいってもんじゃないということが今は分かっているので、本当に結論と繋がるか?と振り返って検証します。そして、ぼやけるなぁと思うものがあれば、

潔くすっぱりと捨てる。

簡単×キレイ×安い【ホームページ作成ソフト | とりあえずHP】

 

やっぱり、頭の中でぼんやり描いていることをアウトプット(しかも文字だけ)するって難しいこと

全体的に、私の頭の中って「雰囲気で」「なんとなく」「ぼんやりと」「曖昧な」感じだったのです。

ブログのネタについても、移動のバスの中などで、ぼんやりと思いついてメモったりするんだけど、

ぼんやりを言葉にして他人に分かるように説明するって、めっちゃ難しい工程だと思うんです!

ですので、ブログを生業にしている方々は、本当に憧れます…凄すぎる…

 

 

そもそもどうして私は元々のスキルが低いのか

うちの会社はニッチな市場ではあるものの、その中では一応シェア7~8割を占めるトップメーカーです。

長年保持しているので、社風もどちらかというと昭和感残る古い体質。

得意先にも「御社はおっとりしてる方が多いですね」なんて皮肉を言われるほど。

良くも悪くも、ずっとトップで居続けることは、惰性や甘えを生むのでしょうね。
上場もしていないから、危機感もない。
ま、会社の批判をしたいわけではないので悪しからず(^^;

 

更に実は私は縁故で入社している身。実力でいったら、多分大学名の時点で選考から落とされてるレベルです。
実家が商売をやって(現在進行形)おり、そのつてで父が口を利いてくれました。

①トップシェアを保持し続けたことにより形成された、おっとりとした社風・社員
②コネで入社
⬆これら2つからわかるように、私は社会人になった時点で能力が低く、なってからの仕事スキルも伸長幅が小さいまま、年を食ってしまったのです(泣)

 

さいごに

今回の記事も論理的になっていないので、「そんなんで良くこの記事書けたな!」と言われてしまいそうそうですが(泣)、とにかく”慣れ”なのだと信じて、書き続けることを当面の目標にしています。

 

イケハヤさん始め多くのプロブロガーさんは「毎日かけ」「シノゴの言わずに書き続けろ」と口すっぱくおっしゃいますもんね。

”みんな、最初からプロ級に上手かったわけじゃないんだ!”と信じつつ、プロブロガーさんの第一回目の記事などを拝見して励まされています。

   ↓例えばはあちゅうさん

ブログデビュー : はあちゅう主義。

今日はこの後、6月まで住んでいた武藏小杉に行って、図書館とツタヤに寄って、元住吉の塾講師のバイトを九時までして、友達の家に泊まる。木曜は朝からサークル。その後、自由が丘で幹事になってる飲み会の店探しに行って、バイトに行って、家に帰る。妹がオーストラリアに短期留学中だから、家にいないと母が寂しがる。

 

 

ですので引き続き、これに懲りずにまた当ブログにお立ち寄り頂けたら此れ幸いです。

 

今日も、ありがとうございました!